【最新版】岩手県のEV補助金・支援制度まとめ

EV(電気自動車)の普及を進めているのは、国だけではありません。

岩手県と県内市町村も独自のEV政策で、EV普及を後押ししています。

この記事では、そんな岩手県内のEV政策について紹介します(最新2024年:令和6年度の情報です)

国の補助金に上乗せ!市町村独自のEV補助金

EVを購入する際、国の補助金がもらえるのはご存じでしょう。

さらに、事業者用のみ受け取れる岩手県独自の補助金があり、

太陽光発電+EV・PHV+充放電設備(EVから建物に電気を供給する設備)セット導入をする場合のみ、

手厚い補助金があります(詳しくはこちら)。

さらに、県内の多くの市町村では、市町村独自の補助金があり、

これは事業者だけでなく、個人でも受け取ることができます。

  • 一覧
    • 盛岡市(10万円)
    • 宮古市(10万円)
    • 一関市(国の補助金と同額が基本、ただし、太陽光パネル等を導入済みの住宅に限る)
    • 葛巻市(5万円、最新情報かは不明)
    • 軽米町(10万円)
    • 普代村(10万円、車体価格の1/20が上限)

ただし、これらの市町村のEV補助金は予算が限られていて

年度の後半には予算切れになっていることもあるので、最新情報のチェックが必要です。

また、作成者の見落としや、2024年度の政策の詳細をまだ発表していない自治体もあるかもしれないので、ご注意ください。

EV充電を便利に?充電インフラ政策

急速充電器 VS 普通充電器

政策の説明の前にまず、EV充電器の説明をしましょう。

EV充電器には、急速充電器普通充電器があります。

急速充電器は、速く充電できる代わりに、設置費用が高く、利用料金も割高です(ガソリン代と同等)。

そのため、外出先で休憩がてら充電を継ぎ足すような使い方が向いていて、高速や国道沿いに多いです。

高速SAの急速充電器

一方、普通充電器は、充電に半日以上かかる代わりに、設置費用が安く、機器代が数千円、設置も数万円から可能なものもあります。

充電にかかる費用も基本的に家庭用電気代だけなのでガソリン代より割安です。

そのため、自宅に「普通充電器」を設置するのは、便利なだけではなく経済的だと言われていますが、

外出先で充電できると(充電スタンドが増えると)、遠出の際にも便利に使えるようになります。

岩手県の充電器推進政策

岩手県は、充電インフラを整備し、EVが充電しやすい環境をさらに整えるため、

今年度から県独自の補助を始めるそうです。

県のPR資料より引用

充電器の設置には国の補助金もありますが、それに上乗せする形で県の補助金を使うことで、

自己負担を大きく減らすことができます。

補助率は1/4で上限は95万円です。

ただし、5月17日現在、補助金の詳細はまだ明らかになっていないようで、

県のPR資料から概要が分かるだけです。今後の情報に注目してください。

なお、岩手県のEV充電器の設置状況はこちらから確認できます。

まとめ

岩手県は、県や市町村独自のEV補助金でEV普及を後押ししています。

またEV充電インフラの整備を進めているようです。

岩手県でEV普及がどのように進むのか、どのような政策が実行されるのか、今後も目が離せませんね。

最後に、EV購入やEV充電器設置を検討する際は、ぜひ国の制度もチェックしましょう。

国のEV政策

国のEV政策について徹底解説。EV補助金から税制優遇、充電器設置補助金まで。

Follow me!