【最新版】宮崎県のEV補助金・支援制度まとめ

EV (電気自動車)を普及させようとしているのは国だけではありません。

宮崎県の一部市町村も独自のEV政策でEV普及を後押ししています

この記事では、宮崎県内の自治体のEV政策を解説します。最新2024年度(令和6年度)の情報です。

国の補助金に上乗せ!市町村独自のEV補助金

EVを購入する際、数十万円の国の補助金がもらえるのはご存じでしょう。

宮崎県独自のEV補助金は、運送業者の使うEVに限られるようですが、

県内の一部の市町村には独自の補助金があり、国の補助金に上乗して、補助金を受け取ることができます。

以下に、それらの市町村をまとめます

串間市のEV補助金

串間市は、EV購入に20万円の補助金を用意しています。

この額は市町村独自の補助金としては手厚く、

さらに、リーフなどの狭義の電気自動車だけでなく、アウトランダーのようなプラグインハイブリッド車も対象になります。

さらに、住宅へのEV充電器設置にも最大10万円の補助金があります。

詳しくは 公式サイト やディーラーでご確認ください。

なお、串間市以外の宮崎県でのEV補助金は現在のところ、確認されていませんが、

まだ令和6年度の政策を発表していない自治体もある可能性もあるので、最新情報のチェックが必要です。

EV充電を便利に?充電インフラ政策

急速充電器 VS 普通充電器

政策の説明の前にまず、EV充電器の説明をしましょう。

EV充電器には、急速充電器普通充電器があります。

急速充電器は、速く充電できる代わりに、設置費用が高く、利用料金も割高です(ガソリン代と同等)。

そのため、外出先で休憩がてら充電を継ぎ足すような使い方が向いていて、高速や国道沿いに多いです。

高速SAの急速充電器

一方、普通充電器は、充電に半日以上かかる代わりに、設置費用が安く、機器代が数千円、設置も数万円から可能なものもあります。

充電にかかる費用も基本的に家庭用電気代だけなのでガソリン代より割安です。

そのため、自宅に「普通充電器」を設置するのは、便利なだけではなく経済的だと言われていますが、

外出先で充電できると(充電スタンドが増えると)、遠出の際にも便利に使えるようになります。

宮崎県の充電器推進政策

宮崎県は 企業に省エネを促す政策の一環として、電気自動車充電設備に補助金を用意しています。

充電器を設置する際には、国の補助金で設置にかかる費用の多くを賄うことができますが、

県の補助金を使うことで、さらに自己負担を減らすことができます。

ただし、この補助金は、自宅への充電器設置を支援するものではなく、

企業が仕事に使うための車をEV化するための環境作りを支援するもので、

つまり、工場や事業所への充電器設置などが補助金の対象であることに注意が必要です。

公式チラシより引用

まとめ:宮崎県のEV化は進むか

宮崎県は、一部市町村を中心にEV普及を進めています。

宮崎県でEV普及がどのように進むのか、どのような政策が実行されるのか、今後も目が離せませんね。

EV購入やEV充電器設置を検討する際は、ぜひ国の制度もチェックしましょう。

国のEV政策

国のEV政策について徹底解説。EV補助金から税制優遇、充電器設置補助金まで。

Follow me!