【最新版】大分県のEV補助金・支援制度まとめ

EV (電気自動車)を普及させようとしているのは国だけではありません。

大分県の一部市町村も独自のEV政策でEV普及を後押ししています

この記事では、大分県内の自治体のEV政策を解説します。最新2024年度(令和6年度)の情報です。

国の補助金に上乗せ!市町村独自のEV補助金

EVを購入する際、数十万円の国の補助金がもらえるのはご存じでしょう。

大分県には県独自の個人用EV補助金はありませんが(EVバスやタクシーの補助金はある)

県内の一部の市町村には独自の補助金があり、

国の補助金に上乗せする形で、補助金を受け取ることができます。

以下に、それらの市町村をまとめます

宇佐市のEV補助金

宇佐市は、10万円の補助金を用意しています。

新車のEVが対象です。詳しくは 宇佐市の公式サイトをチェックしてください、

中津市のEV補助金

中津市は、個人の場合には、国の補助金(最大85万円)の半分

事業者の場合には一律で10万円の独自補助金を用意しています。

ただし、太陽光発電設備やEV充電器が既に設置されていることや、

さらに、災害時に避難所への電気の供給に協力したり(個人の場合)、

EV導入による効果を報告したりすること(企業の場合)が条件です。

ただし、まだ令和6年度の政策を発表していない可能性もあるので、最新情報のチェックが必要です。

まとめ:大分県のEV化は進むか

大分県は、一部市町村を中心にEV普及を進めています。

大分県でEV普及がどのように進むのか、どのような政策が実行されるのか、今後も目が離せませんね。

EV購入やEV充電器設置を検討する際は、ぜひ国の制度もチェックしましょう。

国のEV政策

国のEV政策について徹底解説。EV補助金から税制優遇、充電器設置補助金まで。

Follow me!