【最新版】徳島県のEV補助金・支援制度まとめ

徳島県は、独自の補助金を通じて、電気自動車(EV)普及を後押ししています。

他の自治体に比べて補助額が手厚いのが特徴的です。

そんな徳島県と県内の市町村のEV政策について紹介します。

国の補助金に上乗せ!県独自のEV補助金

EVを購入する際、数十万円の国の補助金がもらえるのはご存じでしょう。

徳島県では、国の補助金に上乗せする形で、最大40万円の補助金を受け取ることができます。

補助額は、通常のEVで20万円

軽EVやプラグインハイブリッド車では10万円です。

徳島県の公式サイトから

さらに、自宅に、4kW以上の太陽光パネルを載せている場合には、

再生可能エネルギー100%の電気でEVを充電できるので、さらに20万円が増額されます。

しかも、太陽光パネルを導入できない人でも、補助金の増額を受けることは可能です。

電力契約を切り替え、再生可能エネルギー100%に変えた場合でも、10万円が増額されるからです。

最低で10万円、最大40万円という補助金は、全国有数の非常に手厚い補助金だと言えるでしょう。

EV充電を便利に?充電インフラ政策

急速充電器 VS 普通充電器

政策の説明の前にまず、EV充電器の説明をしましょう。

EV充電器には、急速充電器普通充電器があります。

急速充電器は、速く充電できる代わりに、設置費用が高く、利用料金も割高です(ガソリン代と同等)。

そのため、外出先で休憩がてら充電を継ぎ足すような使い方が向いていて、高速や国道沿いに多いです。

高速SAの急速充電器

一方、普通充電器は、充電に半日程度かかる代わりに、設置費用が安く、機器代が数千円、設置も数万円から可能なものもあります。

充電にかかる費用も基本的に家庭用電気代だけなのでガソリン代より割安です。

そのため、自宅に「普通充電器」を設置するのは、便利なだけではなく経済的だと言われていますが、

外出先で充電できると(充電スタンドが増えると)、遠出の際にも便利に使えるようになります。

徳島県のEV充電インフラ整備方針

徳島県は、2030年までに充電器を今の10倍にする計画を立てています、

特に道の駅や公道、サービスエリア。。コンビニなどでは50kW以上の急速充電器を増やしていく方針です。

徳島県GX推進計画【令和6年3月策定】|徳島県ホームページ (tokushima.lg.jp)

公的施設でのEV充電

また徳島県の一部公有施設では、急速充電器を設置して、EV充電を応援しています。

例えば、徳島県の本庁舎では急速充電器を設置しています。利用は無料だそうです。

公式サイトより引用

まとめ:徳島県のEV化は進むか

徳島県のEV政策の特徴は、独自のEV補助金が手厚いことです。

EVへの支援はもちろん、急速充電器の普及も目指しています。

徳島県でEV普及がどのように進むのか、どのような政策が実行されるのか、今後も目が離せませんね。

EV購入やEV充電器設置を検討する際は、ぜひ国の制度もチェックしましょう。

国のEV政策

国のEV政策について徹底解説。EV補助金から税制優遇、充電器設置補助金まで。

Follow me!